子供に機嫌よく歯磨きしてもらうポイント

歯磨きを好きになってもらおう

嫌いになる原因とは

歯ブラシを咥えることで口内に違和感を抱き、歯磨きを嫌がる子供が見られます。
そこで、子供用の歯ブラシを使わせてください。
子供の年齢に合わせて選択すると、口内への負担を削減できます。
子供用の歯ブラシは毛先が丸かったり、シリコンの素材が使われたりしている面もメリットです。
素材にも注目して、子供が気に入る歯ブラシを購入しましょう。
また大人用の歯磨き粉は、子供とって刺激が強すぎます。
それでは歯磨きが苦痛になるので、おいしい味の歯磨き粉を与えてください。

最近は、キャラクターが描かれている歯ブラシが販売されています。
子供が好きなキャラクターの歯ブラシだったら、積極的に使いたくなるでしょう。
ですから親が選択するのではなく、子供と一緒に買い物に行って歯ブラシを選ばせるのがおすすめです。
歯をきちんと磨いていたら褒める、ご褒美をあげるというのも効果的です。
しかしお菓子をあげると、歯磨きの意味がありません。
シールをご褒美にすると、子供はシールを集めるのが楽しくなって、歯磨きに積極的になってくれると思います。

また、子供にも機嫌が良い時と悪い時があります。
遊んだ後や食事の後など、機嫌が良い時に歯磨きをさせましょう。
期限が悪い時ではいつまでも歯を磨いてくれませんし、歯磨きが嫌なイメージになってしまいます。
また、親が歯磨きをしている姿を子供に見せるのも効果的です。
すると子供は親のマネをして、歯磨きに取り組むようになります。