英会話そのものを目的にしてはいけない

英会話がより身近になった。駅前留学という言葉がはやり始めた頃、それまでハードルの高かった英会話スクールが、とても親しみのある場所になったように感じたものだ。だがそれから10年以上の時が流れ、英会話はさらに身近なものになった。安かろう、悪かろうでお手軽になったわけではない。教える人間も英語の上手な日本語講師から、インターネットをうまく利用すれば、ネイティブの講師を見つけることだって難しくない時代が来たのだ。さらに自宅にいてレッスンを受けられる手軽さ、国境を越えたネットワークの整備から、時差を利用して忙しい人でも深夜や自分の都合のよい時間に英会話にふれることができるようになった。ただひとつ、英語で話すことが上手になりたいと思うのであれば、最初から「何を話したいのか」を、明確にしておくことをおすすめする。漠然と会話がうまくなりたいと思っていても、英語の力はつかない。語るべき何かが自分の中にあってこそ、語学は上達するのである。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress