>

どこに注意すれば良いのか

子供用の歯ブラシがおすすめ

まだ小さな子供に、大人用の歯ブラシを使わせることは避けてください。
すると子供の口内にサイズが合わず、子供は違和感を抱いてしまいます。
固くて痛みを感じることも多く、子供は次第に歯磨きが嫌いになっていくでしょう。
しっかりと年齢に合った歯ブラシを与えることで、口内への負担を削減できます。

子供用の歯ブラシを購入する上で確認するポイントは、毛先が丸いことです。
毛先が丸い歯ブラシなら歯茎に当たっても刺激が少なく、気にせず歯を磨けるでしょう。
さらに、シリコン素材の歯ブラシがおすすめですね。
シリコンは質感が人間の歯茎と似ているので、口内の違和感を減らせると言われています。
また磨く時は力を入れず、丁寧に磨いてください。

おいしい歯磨き粉

大人用の歯磨き粉はミントの味がして、口内に刺激を与えます。
また泡立ちも多く、それが気持ち悪いと感じて歯磨きを嫌いになる子供が見られます。
そこで、歯磨き粉も子供用を選んでください。
子供用の歯磨き粉ならフルーツの味が多いですし、ミント成分が含まれていません。
泡立ちも少なく、子供への負担を最小限に抑えることができます。

どうしても歯磨きをしたがらない子供には、おいしい歯磨き粉を与えましょう。
イチゴ味やメロン味など味を伝えると子供は興味が湧き、歯磨き粉を使ってくれるかもしれません。
子供用の歯磨き粉でもフッ素が含まれているので、虫歯予防に効果的です。
幼い頃から歯磨きを習慣にさせて、口内の健康を維持しましょう。


この記事をシェアする