英会話するなら「正しい英語」にこだわるな。

私達、日本人は中学校、高校、大学と学生時代の10年間に多くの時間を英語にかけた割には英語で会話することができる人は大変少ないですね。これは、まず最初の一言がでないからです。なぜ、最初の一言がでないかというと「口に出して間違っていたら恥ずかしい」と思うからです。この「正しい英語を話さないと恥ずかしい」というプレッシャーは日本人の英会話の上達に大きな妨げとなっています。英語は「楽しい」とか「コミュニケーションが楽しい」というより、一つの学科であって数学のように「正しい答えをして高い点数をもらう」という習性が身についてしまっているのです。英語は英語を母国語とする人にとってはしゃべれて当然ですが、それ以外の言語を母国語とする国の人にとっては「仲介する言葉」でしかありません。ですから、必ずしも「正しい英語」を話す必要はありません。通じればOKなのですからね。そして発音もネイティブのようでなくても全然OKです。通じればOKなのですから。とにかく勇気を出してしゃべりかけることが英会話上達の早道です。

Copyright © All Rights Reserved · Green Hope Theme by Sivan & schiy · Proudly powered by WordPress